日本語

BARTとは?

Bay Area Rapid Transit (ベイエリア高速鉄道) は、ベイエリアで運行されている鉄道システムです。

運行時間

BARTの運行時間は、月曜〜金曜は午前5時から午後12時までです。土曜は午前6時から午前12時まで運行しています. 日曜は午前8時から午後9時まで運行しています。

全時刻表は、www.bart.gov/schedules でご覧いただけます。またオンラインのリアルタイム・トリッププランナー(bart.gov/planner)や、Apple iOS、Androidの公式BARTアプリをダウンロードして見ることもできます。

BARTの運賃

4歳以下のお子様は無料ですが、それ以外の方は、チャージしたClipperカードまたはBARTの紙チケット(駅での販売は、現在は行われていません)が必要になります。支払いの証拠が必要です。

BART料金は運行距離制で、時間ベース(週、月単位など)のパスはありません。

Clipperは、ベイエリアの様々な交通機関で使えるプリペイド式「スマートカード」です。Clipperカードは、BART各駅に設置されている自動券売機でご購入いただけます。カードの発行には、一回につき3ドルの手数料がかかります。Apple PayやAndroid PayでもClipperをご利用いただけます。システムのご利用には最低運賃が必要です。改札に入る前に、運賃をカードにチャージしておいてください。

Clipperカードは、ベイエリアの大部分の交通機関で利用でき、また今後乗車する際にも使えるのでとっておきましょう。割引Clipperカードは、事前に適用対象者であることを証明する必要があり、郵送または指定された場所で直接入手することができます。詳しくはclippercard.comをご覧ください。

BARTに乗った後、駅の改札を出る時に十分な残高がないと、改札ゲートに「UNDERPAID: GO TO ADDFARE (金額不足です。清算してください。)」と表示されます。Addfare (精算) 機は、改札内にあります。

BARTの乗り方

BARTの路線図で行き先の駅を見つけ、その駅を通るラインの色を調べます。駅によっては複数の色がありますが、これはその駅に複数のラインが乗り入れていることを意味します。ラインを辿って終点となる駅を確認しましょう。その終点の駅名が利用する路線の名称です。

改札ゲートを通り、頭上の標識に従って行き先方面の終点駅を基準とした正しいホームに行きます。ホームでは、次に到着する電車の行先を電光掲示板と音声アナウンスでお知らせしています。電車が止まっている間は、電車から降りる人のためにスペースを開けてください。

電車の乗り降りの際は、ホームと車両の間の隙間にご注意ください。身体の不自由な方や特別な配慮が必要な方の乗降を優先するようご協力ください。電車のドアが閉まる時は、音声とライトの点滅でお知らせします。ドアが閉まる際は、ドアから離れるようにしてください。

空港アクセス

サンフランシスコ国際空港 (SFO) のBART駅は、国際線ターミナルの3階にあります。この駅には2つの入口があります。3階の「歩いて入る」入口と、複数の空港ターミナルを結ぶ「AirTrain」という無人の空港シャトルトレインです。国内線・国際線のすべての搭乗ゲートが、SFO BART駅から徒歩(15分以内) の場所にあります。

オークランド国際空港 (OAK) をご利用のお客様のために、無人シャトルトレイン (BART to OAK) が運行されています。BART to OAKは、Coliseum駅とOakland国際空港を8分で結びます。

駐車場

BART駅の多くには駐車場がありますが、駐車場のルールや料金は各駅で異なります。システムマップでは、駐車場のある駅を、駅名の横に「P」のマークをつけて表示しています。複数日用の駐車許可を購入しない限り、BART駐車場に24時間以上駐車することはできません。駐車場のある駅には、身体の不自由な方向けの特別な駐車スペースが設けられています。詳しくは www.bart.gov/parking をご覧ください。

BARTへの自転車の持ち込み

次の場合を除き、すべての車両に自転車を持ち込むことができます。

  • 混雑した車両への自転車の持ち込みはできません (あなたとあなたの自転車が快適に乗車できる十分なスペースが必要です) 。
  • 先頭車両への自転車の持ち込みはできません。
  • ラッシュ時間帯 (午前7:00から午前9:00まで、および午後4:30から午後6:30まで) は、前方3両に自転車を持ち込むことはできません。

自転車を持ち込む人は、他の乗客に席を譲り、お年寄りや体の不自由な方を優先的に座らせるようにしてください。

アクセシビリティ

全駅にエレベーターが設置されています。各エレベーターの前面にはインターホンがあります。エレベータを呼ぶときは、インターホンの「Call Elevator (エレベータ呼び出し)」ボタンを押してください。駅員への連絡は、インターホンの「Call Agent」ボタンを押すか、駅に設置されている連絡用の白電話をご利用ください。駅によっては、道路から電車ホームがあるレベルに行くのに、エレベーターに2度乗る必要があります。BARTの駅に到着後、エレベーター故障のために駅に入ったり駅を出たりすることができない時は、駅員までご連絡ください。可能な場合は、別の手段で出入りできるようにお手伝いいたします。またバスやパラトランジットなどの代替交通手段をご案内します。

耳の不自由な方のための通信機器 (TDD) が全駅に備えられています。

身体の不自由なお客様は、訓練を受けた介助動物を連れてご乗車いただけます。介助動物は、リードをつけ、できるだけ通路に出ないようにして床の上に座らせ、常に飼い主の管理下におかなければなりません。